不動産、物件情報 in軽井沢

不動産と物件情報の紹介サイトです。

別荘地として知られる前の軽井沢

最近別荘地について色々調べていたのですが、やはり別荘地と言えば軽井沢が浮かびます。

全国的に見れば、神奈川県、長野県、山梨県等に別荘地が多いと思いますが、軽井沢ほど有名な別荘地は他にないと思います。

軽井沢は全国的に有名な避暑地でもあり、特に夏の一番暑い時期を、涼しく快適に過ごすことができる場所です。

また軽井沢と言えば、ミステリー小説などの舞台でもよく登場するだけでなく、日本中を震撼させたあさま山荘事件(1972年連合赤軍が人質をとってあさま山荘に篭城した事件。後に仲間同士でリンチ殺人があったことも発覚。)が起きたのは、軽井沢南部の別荘地であるレイクニュータウンでした。ちなみにこのあさま山荘は現存しているようなのですが、2011年に中国系企業に買収されているようですね。この浅間山荘のある浅間山の麓には、有名な鬼押出し園があります。

浅間山は日本でも有数の活火山であり、浅間山の麓に広がるのは、まさに自然につくられた溶岩のアートです。

もともとこのあたりは、浅間山を望む景勝地として古くから知られており、江戸時代は中山道が通る宿場町でもありました。しかし江戸時代末期から明治に入り、徐々に人の流れが減少していったため、宿場町としての機能が低下し、町自体が衰退していきました。



«

別荘地としての発展